基本知識

ルイボスティーの種類はこんなにある!?おすすめルイボスティー3選!

健康や美容に良いということで日本でもルイボスティーの知名度があがってきたものの、
数多くある種類や分類については一般的にまだまだ知られていないのではないでしょうか。

各メーカーでも取り扱うルイボスティーの種類が年々増えていく一方で、消費者はどれを選べば良いのかますますわからなくなりますよね。

ルイボスティーの種類はどのように分類することが出来るのか。
それぞれの分類の内容を分かりやすく説明したうえで、おすすめのルイボスティーはどれなのかをランキングしてみました!

ルイボスティーの種類を分類する視点は3つ

ルイボスティーを種類別に分類しようとする時、以下の3つの視点から区分できます。

ルイボスティーの分類方法

・茶葉のグレードによる分類
・商品の形態による分類
・製造過程(醗酵)の違いによる分類

ではそれぞれの視点別に説明していきたいと思います。

茶葉のグレードで見るルイボスティーの種類は3つ

1つは、「茶葉のどの部位を使っているか(具体的には枝と葉になります)」によって区分されるグレード。

茶葉グレード部位

グレードは以下の3つで呼ばれます。

主な茶葉のグレード

・チョイス
・スーペリア
・クラシック

チョイスグレードは、茶葉の茎を多く使用しており、味が薄く、クセや渋みが強い傾向です。

スーペリアグレードは、葉と茎を上手に配合。味がチョイスよりも濃く、まろやかな仕上がりです。

クラッシックグレードは、茶葉の葉の部分をもう一工程篩に掛け、見た目が揃って美しく、濃厚でまろやかです。

また、ルイボスティーには「茶葉が枝のどの位置にあるか」によって区分されるグレードもあり、これらによってさらに細かく分類されています。

あわせて読みたい
ルイボスティー茶葉のグレードと美味しさを決める6つの要素とは!?お茶や紅茶は日本では誰もが飲む飲料ですが、お茶にもグレードがあるということを知っている人はどのくらいいるでしょうか? 普段当たり前...

枝の位置で何が違うのかというと、枝の先端に行くほど新芽が多く新鮮で、茶葉が細かく整っているんですね。

また、植物の抗酸化物質は紫外線から身を護るために生じるため、太陽の光が当たる先端の茶葉の方が抗酸化物質の濃度が高いというわけです。

よく茶葉のグレードは品質とは関係ないと言われますが、ルイボスティーの場合はグレードの良し悪しがとても大切だと言えます。

これは基本的な茶葉の素材そのものに関わる話でしたが、この他にルイボスティーが商品となって私達のもとに届くまでに、美味しさを左右する要素についてお伝えしていきたいと思います。

商品の形態別で見るルイボスティーの種類は5つ

分類の2つ目は商品の形態別での分け方です。
一般的なルイボスティーの商品形態は以下の5つになります。

主なルイボスティーの商品形態

・煮出し用のティーバッグ
・ポット・カップ用のティーバッグ
・バウダー(粉末)タイプ
・リーフ(g売り)
・ペットボトルやパックなどの既製品

商品の形態を見るとお分かりになると思うのですが、淹れ方にもいくつか種類があるんですね。

商品の形態別に淹れ方、飲み方などを詳しく説明した記事がありますので、そちらを参考にしていただけたらと思います。

あわせて読みたい
淹れ方で美味しさや効果が変わる!?ルイボスティーの飲み方徹底解説!【動画あり】様々な効果効能を併せ持つルイボスティー。 そんなルイボスティーもティーバッグやリーフなど形は様々。 期待する効果や飲むシーンなど...

また、最近ではルイボスティーのペットボトルを製造・販売するメーカーも増えてきて、様々な商品を手軽に楽しめるようになりました。

一方で、どのルイボスティーがいいのか、消費者も選ぶことが難しくなってきていますよね。

ペットボトルと言ってもそれぞれ特徴が違いますので、ルイボスティーラボでもおすすめのペットボトル商品を比較検証しました。

あわせて読みたい
徹底検証!効果的で美味しいペットボトルのルイボスティーはどれ? 今やその便利さから、ありとあらゆる飲み物がペットボトル化されてきました。 元々煮出して飲むのが主流だったルイボスティーもそ...

ペットボトルのルイボスティーを選ぶ際の参考にしていただけたらと思います。

製造過程(醗酵)の違いで見るルイボスティーの種類は2つ

最後に製造過程(醗酵)の違いで区分されるルイボスティーの種類について説明したいと思います。

製造過程(醗酵)の違いで区分されるルイボスティーの種類は以下の2つです。

発酵の違いによるルイボスティーの区分

・レッドルイボスティー(通常のルイボスティー)
・グリーンルイボスティー

お茶や紅茶、コーヒーといった飲料は産地によって区分されますよね。しかし、ルイボスティーは南アフリカの1地域でしか栽培できないんですね。

あわせて読みたい
ルイボスティーって何?おすすめの選び方から飲み方まで徹底解説ルイボスティーが健康・美容に良いと聞いたけど、「そもそもルイボスティーって何?」と思う方もいらっしゃるかと思います。 当サイト「ル...

その中で、製造過程によってレッドとグリーンの2種類に分けることができます。

これは醗酵したか非醗酵なのかによって分けられるのですが、お茶もその醗酵度合いによって緑茶(非醗酵)、ウーロン茶(半醗酵)、紅茶(強醗酵)に分けられるのと同じです。

お茶の発酵度合い

レッドルイボスティーとグリーンルイボスティーは、その味・香りや有効成分などに違いがあり、それぞれ好みや目的によって選んでいます。
レッドとグリーンの違いについては下記の記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
グリーンルイボスティーの方が良いって本当?効能・味・価格など検証!ルイボスティーというと、通常水色は茶褐色で味や香りは独特のものというイメージが定着していますよね。 しかしその通常のルイボスティー(敢...

 

【種類別総合!】ルイボスティーおすすめランキング

さて、ここまでルイボスティーの種類を分類する様々な指標についてみてきました。
茶葉のグレードと商品形態、レッドとグリーンの分類という観点から総合的に見た「おすすめルイボスティーメーカー」をランキングしています。

1位 RT Room(アールティールーム)
アールティールームラインナップ

ルイボスティーラボで最もおすすめするルイボスティーのメーカーがルイボスティー専門店のアールティールームです。

煮出し・お湯だし用ティーバッグ、パウダー(粉末)、グリーンルイボスティー全てにおいて最高品質の茶葉を使用しており、オーガニックにも徹底的にこだわっています。

ラインナップも豊富で、そのほとんどがティーバッグとリーフ売りに対応しており、高品質のものをよりリーズナブルに購入できる点も魅力ですね。

アールティールームでは、煮出し・お湯だし用ティーバッグ、パウダー、グリーンルイボスティーが全種類試せるお試しセットがありますので、初めての方はそちらを試してみるのが良いでしょう。

使用茶葉 オーガニック クラシック茶葉
安全性 ECOCERT、有機JAS、USDA ORGANIC認定
価格 初回お試しセット(4種類のセット)
通常2,875円分→2,430円(税込・送料無料)
総合評価

RT Room公式ページはこちらから
>>>アールティールームのレビュー&分析記事を見る

 

2位 NOVATEC(ノバテック)
ノバテックルイボスティー

ランキング2位はノバテックです。

こちらも煮出し・お湯出し用ティーバッグとグリーンルイボスティーがセットになったお試しセットが用意されています。

最高品質の茶葉を使用していることはもちろん、独自の加工技術でさらに抽出度をあげたルイボスティーは、味、成分共に申し分ありません。
特にグリーンルイボスティーの美味しさには定評があり、リピーターが続出している一押しのメーカーですね。

使用茶葉 オーガニック クラシック茶葉
安全性 有機JAS、ティーカップマーク、品質証明書・成分表
価格 初回限定お試しセット(3種類のセット)
通常2,600円分→1,820円(税込・送料無料)
総合評価

ノバテック公式ページはこちらから
>>>ノバテックのレビュー&分析記事を見る

 

3位 GASS(ガスコ)
ガスコトップ画像

今回3位にランクインしたのがガスコというルイボスティーメーカーです。

こちらは上位2メーカーでは取り扱いがないペットボトルの高品質ルイボスティーを取り扱っているという事でランクインさせました!

ガスコのルイボスティーはレッド、グリーン共に洗練された味で、ペットボトルの中では群を抜いています。
もちろんお湯出しのティーバッグ製品も取り扱っており、自宅用、外出用と一定の品質で飲み続けられるルイボスティーと言えるでしょう。

使用茶葉 オーガニック クラシック茶葉
安全性 有機JAS、ティーカップマーク
価格 500ml×24本 3,888円(税込)
総合評価

>>>GASS(ガスコ)の公式HPはこちら

 

【番外編】オリジナルに少し手を加えたルイボスハーブティー、ブレンドティー

ルイボスティーのオリジナル商品とは少し違いますが、メーカーごとにハーブやスパイスなどをブレンドして一味加えた商品を販売しています。

・普通のルイボスティーに飽きたから、ちょっと変化を加えたものを飲みたい。
・自分でアレンジするのは難しいから、美味しく出来上がったものを飲みたい。

こんな時すぐに手軽に飲めるのが嬉しいですね。

ルイボスティーラボでおすすめのルイボスハーブティー、ブレンドティーをご紹介したいと思います。

ルイボスティー専門店 アールティールームのルイボスハーブティー、ブレンドティー

総合ランキングでもご紹介したRT Roomはハーブティーやブレンドティーでもおすすめです。

ルイボスハーブティーには、リコリスやペパーミントをブレンドしたミントティーや、カモミールやレモンバームなどリラックス効果のある5種のハーブのブレンドティー、また、厳選された香り高いスパイスがブレンドされたホット・チャイなどがラインナップ。

ルイボスティー茶葉はもちろんのこと、使用されている素材全てが安全性を考慮し厳選されたものを使っています。

>>>RT Roomのレビュー&分析記事はこちら

ロイヤルティールイボスティーのルイボスハーブティー、ブレンドティー

ロイヤルティールイボスティー

ロイヤルティールイボスティーはコストコでも取り扱いがあることで有名なルイボスティー。南アフリカに本拠地を置き、安全性に徹底してこだわった商品作りをしているヘルスワイズ社から輸入しています。

通常のルイボスティーもコストパフォーマンスが良く、人気があるものの、最も魅力的なのがルイボスハーブティーのバラエティーセット。

4種類のブレンドティーが一気に楽しめる内容になっています。

ROYAL-T有機フレーバールイボスティーセット オレンジ・ハニー・ペパーミント・レモン 各100g

>>>ロイヤルTルイボスのレビュー&分析記事はこちら

 

なごみのルイボスハーブティー、ブレンドティー

なごみトップ画像

最後にご紹介するのはなごみのルイボスティー。なごみは元々ハーブを使ったアロマなどハーバルライフを提案するナチュラルショップです。

何種類も取り扱いがあるルイボスティーも全て有機JAS認定を持つなど、安全性にこだわりを持っています。

なごみのハーブブレンドティーの特徴は、全13種類のハーブの中から好きな4つのハーブを選んで組み合わせることが出来る「お試し4袋セット」があること。
一袋ごとの容量は少ないかもしれませんが、様々なハーブティーを気軽に試せて自分に合ったものを選ぶことが出来る点がありがたいです。

>>>なごみのレビュー&分析記事はこちら

 

ハーブの種類も豊富なのは、ハーブの専門店ならではの強みですね!

 

kaoru
kaoru
その他、フレーバーティーを飲み比べて検証・ランキングした記事もありますので、良ければご覧くださいね!
あわせて読みたい
【13商品飲み比べ!】フレーバールイボスティーのおすすめTOP3!紅茶にはアールグレイに代表される様々な香りをつけたフレーバーティーがあることはよく知られていますが、 ルイボスティーにもフレーバーティ...
ルイボスティー選びに迷った場合はどうしたら良い?

ランキング評価表
ルイボスティーラボでは、通販・市販で人気のルイボスティーの分析を徹底的に行い、どのルイボスティーが効果的で美味しくかつ安全でコストに優れているかをランキングしています。

ルイボスティー選びに迷った際は、是非一度チェックしてみてくださいね!

【通販・市販】ルイボスティーの総合ランキングを見る

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です